謹賀新年

newyear.jpg


新年明けましておめでとうございます。備忘録と物書きに練習に始めたこの日記もなんやかんやで1年半。続いていることに自分でもびっくり。紙に書く日記となれば、それこそ一週間と続いたことがないのに、これもまたNetの効用だろうか。

年末年始は、大阪、埼玉、東京と日頃お世話になっている各所にお礼参り巡業。東京も電鉄各社の乗り入れが進み、移動がかなり便利に。久しぶりに飲んだ友人曰く、寝てしまうとどこに行ってしまうか分からずかなり危険。電鉄につとめる別の友人曰く、違う路線をつなげると客層が違うので広告をどうするかが課題とのこと。良いことばかりではないらしい。

実家ではいろいろと将来について親父と相談。同業者だけにいちいちもっとも。この親父も住職を兄貴に譲り、隠居の身分で好きなことを新たに始めている。親父曰く「この前おまえに、親父世代は地位に執着して世代交代という重要な役割を忘れている」と云われたことも一因らしい。良いと思ったことは、たとえ生意気な子供に言われたことでも素直に実行する当たりが親父のすごいところだ。まあ、多分に体調が優れないこともあるとは思うけれども。いろいろコミュニケーションをとっていれば良い方向に進むということか。

さて、昨年は結婚したこともあり、年賀状は結婚式のあほらしい写真であったが、今年は従来の旅先スケッチシリーズに戻す。絵は学会で行った西安。落款は二つ押す時は白印と朱印を組み合わすのがルールらしい。反省。

そんなこんなで今年も宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です