東京は車内20℃ 暑すぎじゃない?

札幌市が地下鉄の暖房を止めたというニュースを聞きつけた東京新聞の記者さんが、東京でも同じことが出来るんじゃないかと、電話で意見を聞かれた。東京メトロの設定温度は20℃とのこと。
基本的に外出のための格好をしている訳なので、20℃は要らないと思う旨。約束の時間まで少し時間があったので、PMVの計算をして、仮に屋外が5℃、歩行していて寒くない格好をしていたとすれば、車内で立位、静止であれば16℃もあれば同じ快適性を得られるはず。とお答えした。
そもそも環境調整行動には、着衣での調整、周辺環境の活用(この場合は窓の開け閉め)、そして空調だろうという優先順位を示して、もうちょっと乗客が窓を開け閉めするなど環境調整に積極的に参加する風土を醸成すべきではないか。空調に頼りすぎ。
と付け答えた。
書かれた記事を見ると、18℃や20℃設定はオフィスの設定温度。と発言したことになっていて、やや踏み込んだ内容になっている。そう言ったかなあ~。言ったような気もするが18℃はちょっと寒いなあ~。次はちゃんと原稿を用意して読み上げるようにしよう。ま、あればですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です