阿倍野再開発2

阿倍野再開発については、表向きの情報はここ(Wiki)を、少々きな臭い情報はこちら(大阪DEEP案内)
abeno000.jpg
阿倍野筋から北を見る。左側が阿倍野再開発エリア。最近竣工したQ’s Mall。東側(右)では近鉄の本社を工事中。ランドマークをこえる高さになるらしいがほんまかいな。基壇部分の大きさがどうも小さい印象を受ける。東側には大阪テイスト満載の居酒屋や小さい店が並びコントラストが激しい。
abeno001.jpg
再開発の最も初期に完成したあべのベルタ。そごうHOPという東急ハンズを真似た店舗が入居していたが今はパチンコ屋になっています。
abeno002.jpg
建物の中はご覧の通り。日曜日なので閉店している店もあるが、そこそこの入居率。しかしいかんせん古い。
abeno003.jpg
あべのベルタからさらに西に進むと巨大マンション群が広がる。車のスピードを抑えるため車道を交互に狭窄している。
abeno004.jpg
マンション群はこんな感じ。10年度ほど前に竣工したようです。
う~ん、千里ニュータウンほど古くは無いが、コンセプトはどう見ても1980年代。あべのマルシェとかあべのドルチェとか、変なセンスのネーミングも古い。再開発エリアのほとんどの建物が変なアイボリー調の色合いで統一されている。地区計画でもかかっているのかも知れないが、くすんだ印象でぱっとしない。
abeno005.jpg
おっと、くすんだ街に鮮やかな赤! と思ったらコミュニティバスでした。
abeno007.jpg
阿倍野再開発が、現時点でユニークだとすれば、それはこの路面電車が脇を走っていることだろう。阪堺電車で堺や住吉大社に行くのによく乗った。この電車を街として取り込み、もっと盛り上げれば面白い街になろうに。
abeno008.jpg
最後の写真。これは東側の裏路地。阿倍野再開発の昔の面影を残している。再開発の辺りは正直もっとぼろぼろでした。しかしそれはそれで、もう少し人間味があったように思います。
感想はまた次回。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です